製品情報

猫用腸内寄生虫駆除剤ドロンタール®錠

有効成分プラジクアンテルとパモ酸ピランテルの配合により、猫回虫、猫鉤虫、瓜実条虫、猫条虫に対し、単回投与で高い駆虫効果が得られる画期的な駆除剤です。

ドロンタール®錠

効果・効能

猫に寄生する猫回虫、猫鉤虫、瓜実条虫、猫条虫を駆除します。

特長

  • 1回の投与で線虫類および条虫類を効果的に駆除できる幅広い効能を発揮します。
  • 条虫・吸虫駆除に優れた効果を発揮するプラジクアンテルと線虫駆除に優れた効果を発揮するパモ酸ピランテル。2つ有効性分の配合によって相乗的な駆除力を発揮します。
  • 産卵前の未成熟な寄生虫に対しても高い駆除効果があります。
  • 投薬の際に特別な処置を必要としないので、獣医師およびペットオーナーの負担を軽減します。

臨床試験

【供与動物】
グラフの蠕虫類に感染していた猫223頭
【試験方法】
ドロンタール®錠を投与し、単独感染及び混合感染における有効性を調べた。
【結果】
単独感染及び混合感染症例において、ドロンタール®錠の有効性が認められた。

臨床試験グラフ<日本獣医畜産大学、(財)鳥取県動物臨床医学研究所、茶屋ヶ坂動物病院>

製品詳細

製品名ドロンタール®
用途内部寄生虫の駆除
対象
効果・効能猫に寄生する猫回虫、猫鉤虫、瓜実条虫、猫条虫の駆除
成分・分量本品1錠(339mg)中にプラジクアンテル20mg、パモ酸ピランテル230mgを含有
用法・用量通常1回、以下の量を経口投与する。

◆0.5kg以上 2.0kg未満/1/2錠
◆2.0kg以上 4.0kg未満/1錠
◆4.0kg以上 6.0kg未満/1・1/2錠
◆6.0kg以上 8.0kg未満/2錠
形状形状イメージ錠剤
使用年齢4週齢以上の子猫
体重制限体重500g以上の子猫
ドロンタール®錠に関する資料がダウンロードできます。
Get AdobeReader

当サイトのPDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader™ 6.0以降を推奨します。5.0以下をご使用の方は左のアイコンをクリックし、アドビシステムズ社のサイトから最新のAdobe Reader™ 7.0をダウンロードしてください(ダウンロードは無料です)。アドビシステムズ、Adobe Readerのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。