犬用腸内寄生虫駆除剤

ドロンタール®プラス錠

有効成分プラジクアンテルとパモ酸ピランテル並びにフェバンテルの配合により、犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫に対し、単回投与で高い駆虫効果が得られる画期的な駆除剤です。

ドロンタール®プラス錠イメージ

効果・効能

犬:犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫の駆除

特長

  • 1回の投与で線虫類および条虫類を効果的に駆除できる幅広い効能を発揮します。
  • 条虫・吸虫駆除に優れた効果を発揮するプラジクアンテルと線虫駆除に優れた効果を発揮するパモ酸ピランテルとフェバンテル。これらの有効成分の配合によって相乗的な駆除力を発揮します。
  • 産卵前の未成熟な寄生虫に対しても高い駆除効果があります。
  • 投薬の際に特別な処置を必要としないので、獣医師の先生および飼い主さんの負担を軽減します。

臨床試験

【供与動物】
グラフの蠕虫類に感染した犬277頭
【試験方法】
ドロンタール®プラス錠を投与し、単独感染及び混合感染における有効性を調べた。
【結果】
単独感染及び混合感染症例において、ドロンタール®プラス錠は有効性を示した。

臨床試験グラフ<社内資料>

製品詳細

製品名 ドロンタール®プラス錠
用途 内部寄生虫の駆除
対象
効果・効能 犬:犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫の駆除
成分・分量 本品1錠中(660mg)にプラジクアンテル50mg、パモ酸ピランテル144mg、フェバンテル150mgを含有
用法・用量 通常1回、体重1kg当たりプラジクアンテル5mg、パモ酸ピランテル14.4mg、フェバンテル15mg(体重10kg当たり1錠)を基準量として、次の量を経口投与する。

体重0.5kg以上 2.5kg未満 1/4錠
体重2.5kg以上 5kg未満 1/2錠
体重5kg以上 10kg未満 1錠
体重10kg以上 20kg未満 2錠
体重20kg以上 30kg未満 3錠
体重30kg以上 40kg未満 4錠
使用年齢 2週齢以上の子犬
体重制限 体重500g以上の子犬

形状

形状イメージ

錠剤

【ドロンタール®プラス錠に関する資料がダウンロードできます。】