製品情報

犬・猫用フルオロキノロン系抗菌剤犬・猫用バイトリル®2.5%注射液

広い抗菌スペクトルを持ち、経口投与が難しい症例においても使用可能な抗菌剤です。

犬・猫用バイトリル®2.5%注射液

効果・効能

犬および猫の尿路感染症

特長

  • グラム陽性菌やグラム陰性菌などの幅広い細菌に対し、強い殺菌力を示します。
  • 高い生体内利用薬、広い抗菌スペクトル、組織移行性に優れ、高い治療効果を発揮します。

有効成分と作用機序

バイトリルの有効成分

【有効成分および化学的性質】
●一般名:エンロフロキサシン(enrofloxacin)
●略号:ERFX
●分子式:C19H22FN3O3

バイトリルの有効成分イメージ
バイトリルの作用機序

バイトリルの作用機序は、細菌のDNA合成を阻害します。細菌のⅡ型トポイソメラーゼであるDNAジャイレースとトポイソメラーゼⅣに作用し、DNAの複製を阻害することで、細菌を死滅させます。
また、エンロフロキサシンは核膜を持たない細菌のDNAには直接作用しますが、核膜を持つ動物細胞のDNAには直接作用できないため、哺乳類、鳥類などに対しては非常に安全です。

バイトリルの作用機序イメージ

製品詳細

製品名犬・猫用バイトリル®2.5%注射液
対象犬・猫
効果・効能■有効菌種:本剤に感受性の下記菌種
ブドウ球菌属、レンサ球菌属、腸球菌属、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、シュードモナス属、ステノトロホモナス・マルトフィリア、アシネトバクター・カルコアセティクス
■適応性:犬及び猫の尿路感染症
成分・分量100mL中に有効成分エンロフロキサシン2.5gを含有
用法・用量1日1回、体重1kg当たりエンロフロキサシンとして5mgを皮下に注射する。
形状注射液タイプ
使用制限12カ月齢未満の犬には使用しないこと
体重制限なし
犬・猫用バイトリル®2.5%注射液に関する資料がダウンロードできます。
Get AdobeReader

当サイトのPDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader™ 6.0以降を推奨します。5.0以下をご使用の方は左のアイコンをクリックし、アドビシステムズ社のサイトから最新のAdobe Reader™ 7.0をダウンロードしてください(ダウンロードは無料です)。アドビシステムズ、Adobe Readerのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。