ペットのためのヘルスケア Library

おなかの虫を知ろう

おなかの虫ってどんな虫?その生態、種類について

おなかの虫は、犬や猫だけでなく人にも感染し、さまざまな病害を起こします。愛犬・愛猫、そして飼い主さん自身の健康のために、おなかの虫の種類や生態について理解しましょう。

おなかの虫の生態

おなかの虫は、「内部寄生虫」または「腸内寄生虫」とも呼ぶように、動物の腸内(主に消化管)に寄生する虫のことをいいます。主なものに、回虫(かいちゅう)・鉤虫(こうちゅう)・鞭虫(べんちゅう)・瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)などがいます。ただし、おなかの虫は、ノミなどの外部寄生虫と違って目に見えず症状が出にくいため、どうしても感染を見過ごしてしまいがち。そのため感染したペットが糞便と一緒に虫の卵を排出し、飼い主さんも知らない間に、飼育環境を汚染してしまうことがあります。

主なおなかの虫の種類

おなかの虫は種類によって、大きさはもちろん、感染経路も異なります。以下に、犬・猫に寄生する代表的なおなかの虫をご紹介します。

回虫回虫大きさ:犬回虫18cm以下
     猫回虫10cm以下

  • 虫の卵を口から飲み込んだり、母犬の胎盤や乳汁、母猫の乳汁から感染する。動物の腸に寄生し、炭水化物やタンパク質を栄養源にする。

鉤虫鉤虫大きさ:犬鉤虫2cm以下
     猫鉤虫1.5cm以下

  • 幼虫を口から飲み込んだり、皮膚から侵入したり、母犬の胎盤や乳汁から感染する。腸の粘膜に咬みつき、血液を吸う。

鞭虫鞭虫大きさ:7cm以下

  • 虫の卵を口から飲み込むことで感染する。腸の粘膜に咬みつき、血液を吸う。

瓜実条虫瓜実条虫大きさ:50cm以下

  • 幼虫を持ったノミ(中間宿主)などを飲み込むことで感染する。腸の粘膜に体を固定し、体の表面から栄養分を吸収する。

マンソン裂頭条虫マンソン裂頭条虫大きさ:最大1~2m

  • 幼虫を持ったカエルやヘビ(中間宿主)などを食べることで感染する。

多包条虫(エキノコックス)多包条虫(エキノコックス)大きさ:0.2~0.5cm

  • 幼虫を持った野ネズミ(中間宿主)などを食べることで感染する。

猫条虫猫条虫大きさ:最大60cm

  • 幼虫を持ったネズミ(中間宿主)などを食べることで感染する。

おなかの虫の一生(ライフサイクル)と犬・猫への寄生

おなかの虫が、終宿主(感染している動物)から卵を排出し、他の動物に寄生するまでのライフサイクルをご紹介します。

図「おなかの虫(犬回虫)のライフサイクルと犬への寄生」

猫に寄生するおなかの虫の予防対策を“ネコのオカン”が解説。飼い主さん、必読です。

ネコのオカンPRESENTS ネコの感染症予防ってめっちゃ大事やねんで!

愛犬・愛猫を寄生虫による被害から守るための健康習慣、「定期駆虫」のご案内はこちら

今日からはじめる! ペットの健康管理「寄生虫予防のための健康習慣 定期駆虫とは?」