ペットのためのヘルスケア Library

マダニを知ろう

マダニってどんな虫?その生態、一生について

マダニは、犬に寄生・吸血して、さまざまな病害を引き起こします。その健康被害から愛犬を守るために、マダニの生態について理解しておきましょう。

マダニの生態

マダニイメージ

マダニは8本脚からなる節足動物で、昆虫ではなくクモやサソリに近い生き物です(昆虫は6本脚)。一般に家の中に住むダニ(イエダニやヒゼンダニなどの微 小ダニ)とは違って固い外皮に覆われ、大きさは吸血する前のもので約3~4mm(フタトゲチマダニの場合)、イエダニといった微小ダニの約8~10倍に相当します(微小ダニの大きさ は約0.2~0.4mm)。日本に分布するマダニのうち、フタトゲチマダニ、ヤマトマダニなどの約20種類が犬に寄生します。

マダニの唯一の栄養源は、動物の血液です。幼ダニ・若ダニは発育・脱皮のため、成ダニは産卵のために吸血します。その吸血の際に、原虫やウイルス、リケッチア、細菌などさまざまな病原体の重要なベクター(媒介者)となることがあります。

咬まれてからでは遅い!マダニの予防対策を分かりやすく解説! マダニから、あなたの愛犬を守る!

マダニの一生(ライフサイクル)と犬・猫への寄生

マダニは、幼ダニ期から若ダニ期にかけて2度の脱皮をへて成長し、成ダニ期を迎えます。発育期ごとに異なる宿主動物へ寄生・吸血するマダニを「3宿主性マダニ」と呼び、すべてのマダニ種のうちのほとんどが3宿主性マダニです。一生の中で吸血する期間は20~25日間ほどといわれ、他の期間は脱皮や産卵、動物へ寄生する機会を待ちながら自然環境のなかで生活しています。

図「マダニのライフサイクルと犬への寄生」

犬のマダニ媒介性疾患とその予防対策をまとめました。ご興味のある方はぜひどうぞ!

咬まれてからでは遅い!マダニの予防対策を分かりやすく解説! マダニから、あなたの愛犬を守る!

愛犬・愛猫を寄生虫による被害から守るための健康習慣、「定期駆虫」のご案内はこちら

今日からはじめる! ペットの健康管理「寄生虫予防のための健康習慣 定期駆虫とは?」
このページのトップへ