ペットのためのヘルスケア Library

フィラリアを知ろう

フィラリアが犬に引き起こす症状と病気

フィラリアが犬に寄生した際に引き起こす症状と病気をご紹介します。

フィラリアは犬の肺動脈や心臓に寄生することで、心臓の働きを低下させ、全身の血液循環や肺も悪くなり、放っておくと命に関わる恐ろしい病害を引き起こし ます。また、犬だけでなく、猫や人にも感染することがあります。フィラリアが引き起こす主な症状と病気は次のとおりです。

犬にみられる主な症状と病気

犬イメージ

  • 慢性犬糸状虫症

    疲れやすくなり散歩などの運動を嫌がります。興奮したときや早朝などに乾いた咳をするほか、かっ血、呼吸困難、腹水、ネフローゼ症候群などが現れます。

  • 大静脈症候群(Caval Syndrome)

    突発性の虚脱、血色素尿(赤血球が破壊されて血の色素が尿に混じったもの)、貧血、呼吸困難などの症状がみられます。

人への感染

無症状のケースも多いのですが、咳や血痰(けったん:軽い程度のかっ血)、呼吸困難などが見られることがあります。犬糸状虫が肺でコイン状の肉芽腫をつくるため、このような呼吸器系のトラブルを引き起こします。

愛犬・愛猫を寄生虫による被害から守るための健康習慣、「定期駆虫」のご案内はこちら

今日からはじめる! ペットの健康管理「寄生虫予防のための健康習慣 定期駆虫とは?」